0からのマーケティング

世の中の90%はマーケティング

こんにちは、リリーです!
皆さんはマーケティングとは、下↓のどれを指すと思いますか?

商品を企画する
販路を確保する
集客をする
商品を売る

実は、上のどれか1つだけがマーケティングではありません。
どれもマーケティングなんです。

そう!勘のいい方はもう気が付いたと思いますが、
ビジネス活動のほとんどにマーケティングの要素が含まれています。

WEBマーケティングを学ぶのであれば、
まず、マーケティングとは何かを理解する必要があります。

こちらではマーケティングの基礎について、説明をしています。
マーケターとして必須の知識ですので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

己を極めよ

では、マーケティングとは何なのか。

っと、本題に入る前に、皆さんに知っておいてほしいことがあります。
皆さんがWEBマーケティングを学ぶ目的は何でしょうか?

商品の売り上げを伸ばしたい
ダンス教室のイベントの集客がしたい
YouTubeの登録者数を増やしたい

要するに
“WEBで集客をして売り上げを立てたい”

という理由がほとんどだと思います。
そして、それを達成するには

“人を惹きつけ、その人に対して行動を促す”

という行動変容を起こさせる必要があります。

えっ、何だか一気にハードルが上がった!

そう思った方もいらっしゃるかもしれません。
でも、大丈夫です。
そのために、やるべきことは、ただ1つ。

“自分を理解し、コントロールすること”

相手が自分だったら、簡単ですよね。
先ほども書いたように、“人を惹きつけ、その人に対して行動を促す”
ということをWEBマーケティングでは、行わなくてはいけません。

要するに、相手の行動をコントロールをするわけです。
自分のことをコントロールできない状態で、他人をコントロールすることはできません。

例えば、あなたがダイエットジムのトレーナーだったとしましょう。
ジムに来る人の目的は、当然ダイエットして痩せることです。
それなのに、あなた自身が食事や運動の量をコントロールできず、
ブクブク太っていたら、説得力がないですよね。
そんな人に惹きつけられる人はいないので、当然ながら売り上げも立ちません。

つまり
自分をコントロールできる状態になって、
初めて、相手をコンロールすることが可能になるのです。

優秀なマーケターは自分を上手にコントロールできるから、
相手をコントロールするための戦略を立てることができます。

些細なことでもいいんです。
例えば、あなたが今、読みたいと思っている本があるとします。
でも、なかなか時間がとれずに、読み進められない。
そんなときは、1日1ページから始めてください。
たった1ページだったとしても、7日後には7ページ進みます。
何もしなかったら、7日後も0ページです。
この違い、大きいと思いませんか?

少しずつでいいんです。
自分をコントロールする習慣をつけるようにしましょう。
それが優秀なマーケターになる近道です。

自分を上手にコントロールする方法は、別の記事で書いています。
気になる方は、こちらも合わせて読んでみてくださいね。

人が変われない本当の理由こんにちは、リリーです! 私は WEBマーケティングを学び、 1年後には会社員を辞め、フリーランスとして月収50万を稼ぐと宣言し...

緊急性を提供せよ

いよいよ本題に入ります!
マーケティングとは何を指すのか。

それは…
商品の企画から、集客、そして売り上げを立てる

この全てのプロセスがマーケティングです。
これを細かく分解すると、6つの要素に分けることができます。

  • 商品設計・コンセプト設計
  • 認知
  • 興味
  • 集客
  • 信頼構築
  • 販売

つまり、マーケティング=ビジネスといっても過言ではありません。
1つ1つの要素については、また別の機会で触れさせていただきます。

ここではマーケティング基礎編ということで、
まずは、人がサービスを購入するときの心理をお伝えいたします。

人の心理を理解することもマーケターには必要です。
私たちがサービスを売る相手は人間ですから、当然ですね。
では、結論から申します。

人は、必要性と緊急性の両方が揃ったときに

購入行動に踏み切ります。

必要だから、サービスを買う。
これは当たり前ですね。では、緊急性とはどういうことでしょうか。
それは、期限が設けられているということです。

“今なら入会金無料”
“今月末まで20%OFF”

こんなキャンペーンを見たことないでしょうか。
こう言われると、今、急いで必要とはしていないけど、
買ってしまったという経験が1度はあるのでないでしょうか。

いつでも手に入ると思われてしまうと
先延ばしされてしまいます。

これは人の原理原則でもあります。
人は現状維持が好きな生き物です。

先延ばしをしてしまうのも、現状維持が原因です。
何か行動を変えたいと思っても、現状維持が好きな私たちは、
都合のいいように解釈します。

“買いたいと思ったけど、よく考えたら今の私には、まだ早い”

そんなふうに変わることを拒否してしまうのです。

人に行動変容を起こさせるには、
現状を打破してもらわなくてはなりません。

そのためにマーケターの私たちは、
必要性と緊急性の両方を提供する必要があります。

サービスを売る側の人間になるには、
絶対に必要な要素ですので、ぜひ覚えておいてくださいね。

最後に

ここまでお読みくださり、ありがとうございます。
最後にここで書いたことを要約しておきますね。

  1. 人を惹きつけ、行動を促すためには、自分をコントロールせよ
  2. マーケティングとは商品企画から集客、販売に至る全てを指す
  3. マーケティングにはビジネスのほとんどの要素が含まれる
  4. 人の購買意欲を刺激すために、期限を設けて、緊急性を提示せよ

まず、これらの基本的なことを理解することが
WEBマーケターとして活躍する上で大切になります。

一緒に歩みを進めていきましょう。

LINE開設しました!

 

期間限定でYouTubeで視聴者を増やす16のテクニックまとめた記事をプレゼントしています。

この機会に、ぜひご登録ください!