0からのマーケティング

共感力を高める簡単な方法【稼げるマーケターには絶対ある!】

皆さんは、共感力ありますか?

なぜ、このような質問をしたかというと、共感力はマーケターにとって大事な素質だからです。

共感力の高いマーケターは…

共感力の高いマーケターとは


顧客のニーズを満たすサービスを提供できる
リピーターになるようなコアなファンを獲得できる
顧客が好む言葉選びや演出ができるようになる

以上のようなことができるため、顧客から高い評価が得られます。

逆に、これらができないと…

顧客のニーズを満たす、売れるサービスを作れません
リピーターを獲得できず、ビジネスを長続きさせられません
顧客に刺さる表現ができず、ファンを獲得できません

こんなマーケターでは、仕事の依頼はこなそうですよね…

そこで、本記事では、
誰でも簡単に、そしてお金をかけずに、共感力を高める方法をお教えします。

共感力を高める簡単な方法【稼げるマーケターは絶対持っている!】

共感力とは、「他者の考えや意見にその通りだと感じたり、喜怒哀楽といった感情に寄り添うことができる力」のことをいいます。他者と信頼関係を築いたり、好なコミュニケーションをとるうえで非常に重要な力です。

では、なぜマーケターにとって、この共感力が大事なのか。
理由は、マーケターには顧客の感情に寄り添い、ニーズを的確に理解する力が必要なためです。

共感力がないと、人の気持ちを的確に汲み取ったり、自分と考え方が全く異なる相手の気持ちを理解することはできません。

しかし、マーケターとして仕事をする場合、必ずしも、自分と同じ性別や年代をターゲットにするとは限らないですよね。

例えば、私は30代女性ですが、同じ属性ではない、20代男性をターゲットした顧客と仕事をしたとします。この場合、共感力がないと、20代男性の気持ちになって、彼らのニーズを理解することはできません。

あらゆる年代や境遇の人たちの感情に寄り添える、共感力を身に付けることがマーケターには欠かせない能力になります。

共感力を高める5つの方法

本記事では5つ紹介していきます。
どれも簡単にお金をかけずに、日常の生活の中でできることです。
稼げるマーケターになるには、共感力があることはマストですので、ぜひ参考にしてみてください。

1:知らない世界を疑似体験する

先ほど、マーケターには、あらゆる年代や境遇の人たちの感情に寄り添える力が必要になるため、共感力が大切だとお伝えしました。

しかし、「類は友を呼ぶ」という言葉があるように、自分の周りにいる人たちって、どうしても自分と似たような人たちになりがちですよね。では普段、関わりがないような人たちの感情にも寄り添えるようになるのは、どうしたらいいのか。

それを解決する簡単な方法の1つは、映画や小説をとおして、知らない世界を疑似体験することです。

映画を観たり、小説を読みながら、この登場人物は「なぜ、あのようなリアクションや行動をとったのか?」「あのシーンでは、どのような気持ちや心理状態だったのか?」「なぜあのような言葉を発したのか?」など推察してみましょう。

登場人物の心情は、単に発せられるセリフだけでなく、状況描写や行動にも現れています。
そうした様々なことをヒントにしながら、考えを巡らせてみてください。そうすることで、普段関わることのない人たちの感情が理解できるようになります。

2:質問をたくさんする

誰かと会話をするとき、ついつい自分ばっかり話していることはありませんか?

もちろん、それがダメというわけではありません。
しかし、共感力を高めるという観点から言うと、自分が多く話すよりも、聞き上手に徹し、相手を理解しようとする姿勢でいるのがいいでしょう。

相手に関心を持ち、聞き上手に徹していると、相手が「なぜ、そのような行動をとったのか」、「そのとき、どういう気持ちだったのか」など、自然と質問をしたくなります。
ただ話を聞くだけでなく、相手の心情を深く理解するためには、質問を投げかけてみることをお勧めします。

3:苦手な人と交流する

これは、なかなかハードルが高いですよね。正直、私も苦手な人は、ついつい避けがちになってしまいます。

しかし、あらゆる人の気持ちを理解するには、そんな人と一度しっかりと向き合ってみるのも共感力を高めるには、有効な手段の1つです。
そうすることで、「この人はこういうことを感じていたのか」「このような経験をしたから、こういう価値観を持っているのか」など、これまで自分にはなかった視点を持つことができるようになります。

あらゆる人の心情に寄り添うためには、様々な視点を持つことも重要です。

4.批判しない

気の合う人と話をしているときは、大丈夫でも、苦手な人と話をすると、相手の話を聞きながらも、つい批判的になってしまうことってないですか。

しかし、共感力を高めるには、相手の感情に寄り添いながら聞くようにすることが大切です。批判的になってしまうと、相手を理解するに至るまで話を聞けなくなってしまいます。
自分の価値観を押し付けるのではなく、あくまでも相手が主役、自分は脇役に徹しましょう。

5.とりあえず理解に努める

無理にすべて人に共感する必要はありません。共感を意識してしまったばかりに、自分の意見や軸というものを見失ってしまう可能性もあります。

「共感できないな」と感じた感じたときは、理解する方へ切り替えるようにしてみてください。逆に「なぜ自分はこの人やこの考えに共感できないのか」と考えることで、新たな視点が生まれることもあります。

まとめ

いかがだったでしょうか。

【共感力を身に付けて、顧客の感情に寄り添い、ニーズを的確に理解するできるようになる】

これは、マーケターとしては必須のスキルです。
では、最後にもう一度、稼げるマーケターには、なぜ高い共感力が必要なのか、おさらいをしていきましょう。

共感力とは、相手に同調したり、
喜怒哀楽などの感情に寄り添うことの力を指す

共感力を高め、相手の感情に寄り添えると、
ニーズを的確に理解できる

あらゆる年代や境遇の人たいのニーズを
的確に理解できると稼げるマーケターになる

稼ぐマーケターは
次のような成果を生む

顧客のニーズを満たすサービスを提供できる
リピーターになるようなコアなファンを獲得できる
顧客が好む言葉選びや演出ができるようになる

あの『鬼滅の刃』も共感性が高いことが、大ヒットした要因だと言われていますよね。
人は、自分の気持ちが分かってくれる人を好きになります。

日頃から、人に関心を持ち、あらゆる人の気持ちが理解できるマーケターになれば、あなたは大ヒットするコンテンツを作れる日が来るかもしれません。

LINE開設しました!

 

期間限定でYouTubeで視聴者を増やす16のテクニックまとめた記事をプレゼントしています。

この機会に、ぜひご登録ください!