ライフハック

【コスパ最強】飲むだけで集中力が爆上がり(ヒント:透明)

集中力が続かず、悩んでいるあなたへ。

  • やるべきことがたくさんあるのに、集中力がすぐ途切れてしまう
  • 集中力を維持できなくて、ついついスマホをいじってしまう
  • 朝起きたときは、ボーっとしていて、なかなかエンジンがかからない

そんな悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。
本記事では、そのような悩みを解消するため、
飲むだけで集中力が爆上がりする飲み物をご紹介します。

本記事の内容は以下のとおりです。

  • 飲むだけで集中力が上がる、コスパ最強の飲み物
  • 朝から集中力を上げ、快適な1日を過ごす方法

この記事の書いているのは、1年後にWebマーケティングで

フリーランスに転身することを目指す、30代OLです。
現在は、学校に通いながらWebマーケティングの勉強をしています。

未経験からWebマーケティングを勉強し、フリーランスになりたい!
と思っている方に役立つ情報を発信したいという思いから、ブログを書いています。
最後まで読んでいただけますとうれしいです。

【コスパ最強】飲むだけで集中力が爆上がり(ヒント:透明)

集中力を高めるのに効果的だと一般的に言われているのは、カフェインですよね。
ですが、本記事でご紹介するのは、コーヒーやお茶など、
カフェインが含まれている飲料ではございません。

カフェインよりも、さらに集中力を高めることができる飲料があるんです。

なんと、その答えは『水』です。

2016年のウエストミンスター大学(イギリス)が実施した
水分の摂取が脳に与える影響を調べた研究によると、
水を飲むことで「集中力が23%も上がった」ことが、報告されています。

この研究によると、体内に水が十分足りている状況であったとしても
水を飲むことで、集中力だけでなく、記憶力も上がることがわかったそうです。

1口飲むだけで効果あり【実証済】

ウエストミンスター大学の研究では、114人の男女を

  1. 25mlの水を飲んだグループ
  2. 300mlの水を飲んだグループ
  3. 水を飲まなかったグループ

の3つに分け、水を飲んでながら20分後に、全員の集中力と記憶力を図るテストを実施。
その結果は以下のとおりでした。

集中力 記憶力
25ml飲んだグループ 12%アップ 2%アップ
300ml飲んだグループ 23%アップ 6%アップ
飲まなかったグループ 1%ダウン 1%ダウン

この結果を見ると、25mlという1口程度の摂取量でも
集中力も記憶力も上がることがわかりますね。

さらに、私たちが集中力が続かないときは、
ストレスでイライラしていることが原因であることもあると思います。

なんと、水はストレスも緩和してくれることが、この研究からわかりました。
300ml飲んだグループは18%、25ml飲んだグループでも15%
気分の改善がみられたそうです。

水を飲むだけで、集中力も記憶力も上がって、さらにストレスも軽減されることで
気分よく、1日を過ごせるなんて、コスパ最強だと思いますか。

25mlという1口程度の量でも効果はあるので、
集中して仕事や勉強に取り組む際は、
20分に1回、水を1口飲むことを心掛けてみてください。

【蛇口をひねるだけ】飲むのは水道水でオッケー

水をこまめに摂取すると集中力が上がることがわかりましたが、
たくさん飲むのであれば、安く済ませたいですよね。

日本の水道水は安全だと言われており、
結論、飲んでも体に害はないと言われています。

しかし、そう言われても塩素も含まれていますし、
ちょっと心配という人も多いのではないでしょうか。

そこで私がおすすめしたいのが、浄水フィルター付きのボトルです。
飲むときにフィルターで不純物を取り除いてくれるので、
水道水を入れておけば、いつでも美味しくて、安全な水を飲むことができます。

職場に行く際など外出時にも持ち運びができ、
かばんに入れても、中身が漏れることもないため、
いつでも、こまめに水分を摂取できて、便利です。

皆さんもお気に入りのボトルを見つけて、
こまめに水を飲むようにしてくださいね。

朝のむと、さらに効果的

研究結果からも明らかですが、20分おきに水を飲めば集中力が上がります。
そのため、いつ飲んでも効果はありますが、人は寝ている間にかなりの汗をかき、
体は脱水状態に陥っているので、朝の水分補給は大切です。

では、どれくらいの飲むのがいいのか。
結論…
朝おきて500mlの水を飲むと、一気に集中力を上げられます。

北京大学が2020年に行った研究によると、
12時間の断食(脱水状態と同じ状況)後、500mlの水を飲むと
頭の回転の数値であるワーキングメモリが改善が見られたそうです。

こちらの研究では、100mlと200mlの場合でも調査を行っていますが、
改善が見られたのは、500ml摂取したグループのみでした。

まとめ:水を意識して多めに摂取しよう

本記事のポイントをまとめます。

  1. 少量の摂取でも、水を飲むと集中力と記憶力が上がり、さらにストレスも緩和してくれる
  2. 水を20分に1回、1口飲むだけで集中力を切らさず、物事に取り組める
  3. 会議やプレゼンの前など、集中力を爆上げしたときは、20分前に300mlの水を飲む
  4. 水道水でも浄水フィルター付きのボトルを持ち歩けば、外出時もこまめに水を摂取できる
  5. 朝、500mlの水を飲むことで、集中力を上げ、1日を効率的に過ごすことができる

蛇口をひねるだけで飲むことのできる水で
こんな効果があるなんて、お金も手間もかからなくてコスパ最強ですよね。

私も仕事中や勉強中に20分に1回、少し休憩ついでに水を1口飲むと
気持ちがリセットされる感覚があり、効率的に作業を進められるようになりした。

集中力がなかなか持続しないと悩んでいる方は
簡単に始められるので、ぜひ試してみてくださいね。

LINE開設しました!

 

期間限定でYouTubeで視聴者を増やす16のテクニックまとめた記事をプレゼントしています。

この機会に、ぜひご登録ください!