0からのマーケティング

【知らないとヤバい】Google検索でWebサイトを上位表示させる方法

Webサイトを立ち上げて、間もないと、こんな悩みはありませんか?

Webサイトの閲覧数が少ない
Webサイトからの集客ができない
Webサイトの存在が認知されない

インターネット上には、約12億8千万のWebサイトが存在すると言われています。(※1)
当ブログサイトもそんな大海原の一部として存在しているわけですが、そんな果てしない数の中から、自分のターゲット層の人たちにWebサイトを見つけてもらうためには、当然ながら、対策を施す必要があります。

Webサイトを認知させるために取るべき対策。
それは、Google検索でWebサイトを上位表示させることです。

ちなみに、日本で利用されている検索エンジンのほとんどがGoogleです。次に多いのがYahooですが、Yahooの検索エンジンは、Googleと同じアルゴリズムを使用しているため、対策を行うのはGoogleのみで問題ありません。

本記事は、Webサイトを立ち上げたら、必ず行う必要のある、Webサイトを上位表示させる方法をお伝えします。

この記事を読むメリット

閲覧されるWebサイトが作れる
Webサイトのアクセス数を増やせる
集客ができるWebサイトを作れる

※1 Internet Live Stats

【超基本!】Google検索でWebサイトを上位表示させる方法

Google検索でWebサイトを上位表示させる方法。

それは、WebサイトにSEO対策を施すことです。
SEOとは、Search Engine Optimizationの略で「検索エンジン最適化」を意味します。
要するに、Googleの検索エンジンから高い評価を得ることができれば、検索結果の上位にWebサイトが表示されるというわけです。

高い評価を得るためには…

  1. わかりやすいサイトであること
  2. オリジナリティある有益コンテンツが揃っていること

この2つの条件を満たしたWebサイトを構築する必要があります。

では、上記2点を満たすためには、具体的にどのようなことを行う必要があるのか。行うべき対策は大きくわけて、次の2つです。

  1. 内部対策
  2. 外部対策

まずは内部対策から説明していきます。

内部対策

先ほど、Googleから高い評価を得るためには「わかりやすいサイト」であることが条件であると説明しましたが、「わかりやすさ」の定義には、次の2点の指標があります。

内部対策とは

  1. Googleのクローラーから見たわかりやすさ
  2. ユーザーから見たわかりやすさ

クローラーに評価される方法

では、はじめにクローラーから「わかりやすい」と認識される方法をお伝えします。

  1. サイトの構造がわかりやすい
  2. サイト内に書かれている文章がわかりやすい

サイトの構造をわかりやすくする方法は、また別の記事に書きますので、
こちらでは、まず先に②の文章のわかりやすさについて説明いたします。

みなさんは、以下の2つの見比べてみて、どちらが読みやすいと感じますか?

このブログでは、SEOについて話をしますが、話したいこととしては、SEOに関する基本を丁寧に話すつもりで、主に内部対策と外部対策の基本です。さらには、内部対策の重要要素で、内部対策の構造的わかりやすさの説明や外部対策の外部リンクを得るための、基本的な対策に関して、説明します。

ブログのポイント

  • 内部対策 構造的な分かりやすさとは何か?
  • 外部対策 外部リンクを得るための基本対策とは何か?

圧倒的に後半の箇条書きで書かれている方がわかりやすいですよね。
箇条書きにされているほうが、一文が簡潔で、目でも追いやすいですし、要点も一目みただけで判断できます。
クローラーの視点でも同じで、後者の文章がわかりやすいと判断されます。

わかりやすい文章とは【要点が整理されていて、見やすい文章】であることを覚えておきましょう。

ユーザーに評価される方法

ユーザーからの評価されるサイトとクローラーに評価されるサイトは、概ね同じです。ユーザーにとって、わかりやすい文章を書くことを心掛けてください。

加えて、自分にしか書けないオリジナル・コンテンツがあると、他のサイトと差別化ができます。オリジナル・コンテンツの書き方は、この先で説明しています。

外部対策

では、次に外部対策について説明をします。外部対策とは、読んで字のごとく、外から施す対策を指します。

外部対策とは

自分のサイトのリンクが他サイトに貼られて紹介されるようにすること

リアルの世界でも、いいものって紹介したくなりますよね。
それはネットの世界でも一緒で、いいサイトは紹介されます。そして、ネットの世界での紹介とは、サイトのリンクが他サイトで貼られることを指すのです。

冒頭でGoogleから高い評価を得るためには、

  1. わかりやすいサイトであること
  2. オリジナリティある有益コンテンツが揃っていること

と説明をしましたが、この条件を満たすサイトであるかを判断する際、Googleは主観的な視点だけでなく、客観的な視点も考慮しています。

そのため、「リンクが他サイトに貼られている」サイトは、Googleの視点だけでなく、その他のユーザーの視点からも「わかりやすく有益」と見なされているとGoogleは判断します。

では、次に他サイトにリンクが貼られるサイトになるための具体的な方法を説明していきますね。

インタビュー・コンテンツ

他サイトにリンクが貼られるようにするには、当然ですが「紹介したい!」と思われるようなオリジナルティのあるコンテンツを用意する必要があります。

そこで、今もっとも人気で効果が出やすいのが有名な人へのインタビュー記事です。理由は、拡散されやすいからです。

もし有名な人をインタビューすることができれば、そのファンの人たちが、記事のURLを自身のSNSなどに貼り、紹介してくれます。
さらにインタビュー記事は、100%オリジナル記事となるため、内部対策の観点から見ても、お勧めです。

統計データ・コンテンツ

皆さんも何か説明をするときには、その根拠となる統計データがほしいと思ったことないでしょうか。

統計データがあった方が、より説得力が増しますよね。

そのような理由から、自分で統計データを取り、オリジナルの記事を作成できれば、他のサイトで自分のURLを貼ってもらえる可能性が高まります。

まとめ

いかがだったでしょうか。

多くの人に閲覧されるサイトにするには、Google検索で上位表示されるサイトになることが、まずは大前提です。

そのために施す「SEO対策」について、最後にポイントをまとめますね。

SEO対策まとめ

Google検索でサイトが上位表示されるには
Googleのクローラー
ユーザー
の両者から高い評価を得る必要がある。

上記を実現させるために取る対策は次の2つ
内部対策
外部対策

内部対策とは
わかりやすい、簡潔な文章を書く
オリジナル・コンテンツを入れる
サイト構造をわかりやすくする(別記事で説明)

外部対策とは
他サイトに自分のサイトリンクが貼られる状況を生み出すこと
インタビュー記事、統計データ記事は他サイトにリンクが貼られやすい

せっかく作ったサイトが、多くの人の見られなくなってしまうのは悲しいですよね。
ぜひ、皆さんのサイトにもSEO対策を施し、一緒に閲覧されるサイト作りを目指していきましょう。

LINE開設しました!

 

期間限定でYouTubeで視聴者を増やす16のテクニックまとめた記事をプレゼントしています。

この機会に、ぜひご登録ください!