ライティング

【初心者向け】もう迷わない!ブログ記事タイトルの付け方5選

【初心者向け】もう迷わない!ブログ記事タイトルの付け方5選

『ブログ記事のタイトル付け』で悩んでいるあなたへ。

ブログ初心者であれば、以下のような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

  • タイトルの付け方がわからない
  • 本文は書けても、タイトルを付けるのに、いつも悩んでしまう
  • 読みたくなるタイトルを付け方がわからない

本記事は、そういった疑問に応えるため、
コツがわかれば、初心者でも簡単に取り入れられる手法を5つ紹介しています。

この記事の書いている私は、1年後にWebマーケティングで
フリーランスに転身することを目指す、30代OL。
普段は人事の仕事をしており、Webマーケティングは未経験です。

そんな私が仕事をしながら、Webマーケティング・スクールに通い、
教わったライティング術をこちらで公開しております。
Webマーケティングは未経験で、ライティング術を学びたいという方に
役に立つ記事なっていると思います。

1.キーワードを含める

ず必ずやるべきことは、タイトルにキーワードを入れることです。
理由は、読者は検索エンジンからの検索によりあなたのブログにたどり着くからです。

例えば、あなたが職場(丸の内と仮定)の近くで、
イタリアンレストランを探しているとします。
その際、真っ先に何をしますか?
検索エンジンで、『丸の内 イタリアンレストラン』と調べ、
その結果に基づいて、行きたいレストランを決めますよね。

このロジックと一緒で、
あなたのブログにアクセスをする人の入り口は、検索エンジンです。

例えば、あなたが
「丸の内でランチ会食をするときに、おすすめしたいレストランを紹介する」
というテーマでブログを書くとします。

この場合、あなたの記事を読みたい人は、
「丸の内でランチ会食向けのレストランを探している人」ですよね。

読む人の気持ちになり、読者があなたの記事を検索エンジンで探すときに、
なんというキーワードを入れて、検索をするかを考えてみてください。

この場合は、候補として、【丸の内 会食 ランチ】という
キーワードで検索することが考えられます。

キーワードを決める際ですが、
「ラッコーキーワード」を活用することをおすすめします。

ここでは、良く検索されているキーワードを確認することができるので、
どのようなキーワードで検索されているのかを調べた上で、
検索されやすいキーワードを選択してください。

ラッコキーワード内で検索をしてみると、
【「丸の内 会食 ランチ】というキーワードを確認することができたので、
この3つのワードをキーワードに設定することとします。

キーワードが決まったら、いよいよタイトルを決める作業に入ります。
3つのキーワードを含めて、以下のようにしてみました。

『必ず褒められる!丸の内でランチ会食におすすめのレストラン7選』

検索をして、検索結果に表示されることがなければ、
誰にも見られないブログになってしまいます。
読者の気持ちになり、あなたの記事を検索する人は、
どんなキーワードで検索をかけるかを想定して、ブログタイトルを決めましょう。

2.読者の悩みを解決する

読書が読みたいと思うタイトルであることの要素の1つとして、
自分が解決したい疑問に答えてくれる記事であるかが挙げられます。
あなたも、自分の悩みを解決してくれそうなブログだと、
タイトルを見ただけでわかれば、ブログを読んでみたいと思いますね。

タイトルは、1番初めに読者の目に留まるところです。
タイトルを見ただけで読者の心を掴まなくてはいけません。

読書の気持ちになって、自分のブログの読者になる人は、
「どんな悩みを抱えているのか」を考えてみてください。

タイトルを見て、「これは私のための記事だ!」と思わせることができれば、
読者の心を掴むことができるようになります。

3.煽りタイトルはNG

「閲覧注意」、「マジでヤバい」といった、読者を煽るようなタイトルをよく見ますよね。しかし、こういった煽りワードの使い過ぎはNGです。

なぜなら、タイトルを見てクリックされても、
最後まで記事を読んでもらえないと全く意味がないからです。

あなたのブログが検索エンジンでヒットかどうかの評価基準の1つとして、
ブログの滞在時間も含まれます。
タイトルで煽り、アクセス数が増えたとしても、
タイトルと本文の内容が異なっていては、読者は、すぐにページを離れてしまいます。

また、一時的にアクセスが増えたとしても、読者の満足度が低くなるため、
リピーターを獲得することは難しくなってしまいます。

長期的にブログのアクセスを増やすにあたり、
重要なことは、読者から信頼される記事を書くことです。
読者の期待を裏切るような記事を書くのは避けましょう。

4.32文字以内にする

理由は、検索結果で表示される文字数が32文字以内のためです。

日本で利用されている検索エンジンのほとんどがGoogleですが、
Googleの検索結果で表示されるタイトルは32文字と決まっています。

PCとスマホで表示される文字数に違いが出てきますが、いずれで表示される場合も基本的に32文字以内でタイトルを決めることを意識すれば問題ありません。

5.定番の手法を使う

タイトルを付け方の定番として2つの型があります。

数字を入れる

サンプルとして、以下の2つを見比べてみてください

  1. わかりやすい文章を書く際のコツ
  2. わかりやすい文章を書く際の3つのコツ

みなさんはどちらが気になりましたか?
「3つのコツ」と数字が入っていた方が読んでみたいと思ったのではないでしょうか。

数字があると、読者は記事のイメージがしやすいので、
数字を入れたほうがクリックされる確率は高くなります。

難しいテクニックではないので、ぜひ取り入れてみてください

目を惹くワードを入れる

人が思わず反応してしまうような、目を惹くワードを入れるのも定番のテクニックです。

例えば…

  • お金
  • 成果
  • 健康
  • 発見
  • 簡単
  • 安全
  • あなた
  • 保証する
  • 節約する
  • 実証された

皆さんも【簡単】【保証する】というワードに反応してしまったことがあると思います。
これは人の欲求が刺激されているためです。
人の欲求を刺激する手法については、
こちらで詳しく説明をしていますので、合わせて読んでみてください。

【重要】あなたのブログ記事が読まれない理由はタイトルにあった『読んでもらえるブログタイトルの付け方』で悩んでいる、あなたへ。 私のようにブログを書き始めたばかりの初心者であれば、 誰もが同...

最後に上記で説明した2つの手法を使ったタイトルの例がこちらです。

【簡単】わかりやすい文章を書く際の3つのコツ【翻訳者が保証します】

このタイトルからは…

  • 簡単なんだ!
  • 3つのコツになる、3つなら私でもマスターできそう
  • 文章を日々書いている翻訳者が保証するなら、見る価値ありそう

そんな風に思ってもらうことができ、
記事を「読んでみよう!」と思わせることができるようになるのです。

ぜひ、みなさんもこの手法を取り入れてみてくださいね。

まとめ:【超簡単】ブログタイトルはテクニックを応用する

本記事の内容をまとめます。

ブログタイトルの付け方を以下の5つをマスターすれば、
初心者でも簡単に人の目を惹くタイトルが作れます。

  1. キーワードを含める
  2. 読者の悩みを解決する
  3. 煽りタイトルはNG
  4. 32文字以内にする
  5. 定番の手法を使う:数字を入れる、目を惹くワードを入れる

一番大切なのは、2番目の「読者の悩みを解決する」です。
タイトルに限らずですが、アクセスを多く集めるためには、
あなたがターゲットとしている読者が読むみたい内容のブログである必要があります。

読者目線で考え、読者が求める内容でブログを書くことを年頭に置きながら、
タイトルを考えることを忘れないようにしましょう。

【絶対に失敗しない】購買意欲をかき立てる文章を書く方法『人の購買意欲をかき立てる文章が書きたい!』と悩んでいる、あなたへ。 自分で事業をしている方や会社で営業をしている方なら、 誰し...
ビジネスが円滑に進む!わかりやすい文章の書き方3選『簡潔でわかりやすい文章を書きたい』と悩んでいる、あなたへ。 社会人であれば、メールを書いたり、同僚に仕事の依頼をしたり、 何かを伝...
LINE開設しました!

 

期間限定でYouTubeで視聴者を増やす16のテクニックまとめた記事をプレゼントしています。

この機会に、ぜひご登録ください!