ライフハック

集中力が続かない5つ理由と4つ対処法【忙しい社会人の勉強法】

集中力が続かない、あなたへ。

  • すぐに集中力が途切れてしまう
  • 気がついたら、時間だけが経っていて、何も終わらなかった
  • 気が散ってしまって、長い時間集中力を維持できない

期限が迫っている課題や仕事などに追われているのに
集中力が続かないと悩む方は多いのではないでしょうか。

本記事では、そんな悩みに応えるため、
集中力が続かない理由とその対処法をご紹介します。

内容は以下のとおりです。

  • 集中力が続かない原因とは
  • 集中力を持続させるコツ

この記事の書いているのは、1年後にWebマーケティングで

フリーランスに転身することを目指す、30代OLです。
現在は、学校に通いながらWebマーケティングの勉強をしています。

未経験からWebマーケティングを勉強し、フリーランスになりたい!
と思っている方に役立つ情報を発信したいという思いから、ブログを書いています。
最後まで読んでいただけますとうれしいです。

集中力が続かない5つ理由と対処法【忙しい社会人の勉強法】

集中力が続かないと、やるべきことを期限内に終わらないかもしれない!
と焦りが出てしまい、イライラしてしまいますよね。

まずは、私たちの集中力を妨げとなっている原因を5つ紹介していきます。

①脳のエネルギー不足

炭水化物などから摂取できるブドウ糖が
脳が使える唯一のエネルギー源だと言われています。
そのため、量が不足すると集中力の低下を引き起こします。

②睡眠不足

眠気は集中力の低下を招きます。
睡眠不足は他にもイライラの原因となり、様々な不調をもたらします。

③気が散りやすい環境

自分が集中しやすい環境にいないと、気が散りやすくなります。
例えば、周囲の話声や物音、部屋の温度、匂いなど、
些細なことが集中力の妨げになります。

④複数のことを同時に行なっている

【音楽を聴きながら勉強する】などの「ながら作業」や
「マルチタスク」など、同時に複数のことを行うと
意識が分散してしまい、集中力が低下します。

⑤ストレスを抱えている

悩みや不安などの心の不調も集中力が持続しない要因の1つです。
集中しようと思っても、ストレスの原因になっていることに
気を取られてしまいます。

集中力が続かないときの対処法【超シンプル】

意外に思われるかもしれませんが、
一般的に人が集中力を維持できる時間は、154590分だそうです。
小学校の授業も45分、大学の講義も90分だったという方も多いのではないでしょうか。
また、高い集中力が必要な同時通訳者も15分で別の人の交代するそうです。

集中できる時間が限られているのであれば
その時間を最大限有効に使いたいですよね。

次に「集中力が続かない!」と感じたときの対象法をご紹介していきます。

①生活習慣を見直す

脳の機能を高めるため、必要な栄養素の摂取、そして睡眠の質を上げることで
集中力を高めることができます。

集中力を高める食材

ブドウ糖

脳が唯一エネルギーとして使える栄養素がブドウ糖です。
脳は1日に100g程度のブドウ糖を必要とします。
集中力が感じていないと感じたときには、
ブドウ糖を手軽に摂取できるタブレットをお勧めします。

  1. 大丸本舗 ブドウ糖
  2. 国産ブドウ糖 固形タイプ 400g 鹿児島県産さつまいも使用
  3. 【千歳精糖】ぶどう糖ラムネ タブレットタイプ
ビタミンB群

ビタミンB群は、食事で摂った糖質などをエネルギーに変換するために必要な栄養素です。
上記で脳にはブドウ糖欠かせないとお伝えしましたが、そのブドウ糖をエネルギーに
変えるには、ビタミンB群を一緒に摂取する必要があります。

ビタミンB群は、牛肉や豚肉、豆類などから摂ることができますが、
忙しいと料理をする暇がないという方も多いと思います。
そんな方にはサプリでの摂取がおすすめです。

睡眠の質を上げる

十分な睡眠がとれる規則正しい生活習慣を身につけることが
集中力を高めるためには大切です。

しかし、忙しいと十分な睡眠時間を確保できないことも多いと思います。
そんなときに、私がお勧めするのは、
電磁波をブロックしてくれる安眠サポートマットです。

パソコンやスマートフォンなどから発せられる電磁波が
脳波の乱れを引き起こし、身体の不調を招くと言われています。

寝る前にスマホをいじったり、アラームを設定していたりと
寝る時にも電磁波を発する機器を近くにあると
電磁波により睡眠が妨害されてしまうそうです。

枕の下に敷くだけでオッケーなので、
寝ても疲れが取れないと悩んでいる方にお勧めです。

②集中しやすい環境を作る

自分が最も集中しやすい環境がどういう空間なのかを知ることは大切です。
音に敏感な場合は、イヤホンや耳栓で音を遮断したり、
図書館など静かの場所を探しましょう。

においに敏感な人は、家では好きな香りを焚いたり、
外ではマスクをするといった工夫が必要です。

そして、スマートフォンや本など、これから取り組むものに関係のないものは、
なるべく視界に入らないところに移動させましょう。
また、は集中力を高める色と言われているので、
視線に入る場所に何か青色のものを置いておくのも効果的です。

③こまめに休憩をとる

先ほども書きましたが、人の集中力は長くて45分しか持続しません。
何時間を作業を続けるためには、こまめに休憩をとって、
リフレッシュすることが大切です。

私はこまめに休憩を取る方法として、
「ポモドーロ・テクニック」を活用しています。

ポモドーロ・テクニック

ポモドーロ・テクニックとは、集中する時間と休憩時間を繰り返すことで
高い集中力を維持することができる時間管理術の一つです。
やり方を以下に書きますね。

  1. タイマーを25分に設定して作業を開始する
  2. タイマーが鳴ったら、5分の休憩をとる

ただ、これを繰り返していくだけです。
「とりあえず25分間は集中!」と明確な区切りをつけることで、

集中できる

余計な気がかりが消えてプレッシャーが軽減される

心の負荷が少ない分、生産性が上がる

というプラスの良いスパイラルを生み出します。

シンプルだからこそ
実践しやすく効果につながりやすい手法です。

さらにお勧めなのが、5分休憩を取る際に水を飲むことです。
水を飲むことで脳のワーキングメモリが上昇することが研究でも明らかになっています。
詳しくはこちらの記事に書いています。

【コスパ最強】飲むだけで集中力が爆上がり(ヒント:透明)集中力が続かず、悩んでいるあなたへ。 やるべきことがたくさんあるのに、集中力がすぐ途切れてしまう 集中力を維持できな...

④マインドフルネスを実践する

以前は一般的ではなかった「瞑想」など、
マインドフルネスがビジネスパーソンの間でも人気が高まっていますよね。

雑念を取り払い、「今この瞬間に集中する」ことで
脳の負担が軽くなり、使えるエネルギーが増すため、
集中力がアップすると言われています。

簡単なやり方がこちらに記載されていますので、
集中力を高めるトレーニングをすることで、
集中しやすい脳を作りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしょうか。
集中力を高める手段として効果的な方法をまとめます。

  1. ブドウ糖とビタミンBを摂取することで脳に栄養を与える
  2. 生活習慣を見直し、質の高い睡眠をとる
  3. 「ポモドーロ・テクニック」を利用して
    25分の集中と5分休憩を繰り返す
  4. 瞑想で高い集中力を維持するトレーニングをする

どれも簡単に取り入れる方法ですので、
ぜひ試してみてください。

LINE開設しました!

 

期間限定でYouTubeで視聴者を増やす16のテクニックまとめた記事をプレゼントしています。

この機会に、ぜひご登録ください!